未分類

早漏や中折れの対策・改善方法

早漏と並ぶ男性の性の悩みが中折れです。中折れとはEDの主な症状の一つで、挿入中に陰茎が萎えてしまうことです。

自分でしごいたり、パートナーに刺激してもらったりすることで再び勃起できる場合もあれば、再び勃起しても挿入したあとでまた中折れしてしまうなど、症状の重さは人それぞれです。

中折れが続くと性交がうまくいかず、場合によっては二人の関係に支障をきたす恐れもあります。

この記事では中折れの原因と対策について解説します。

早漏の原因や対策を知りたい人はリンク先のページを参照してください。

中折れの原因

中折れの主な原因は過度な緊張や、性交に関する過去のトラウマが挙げられます。また、加齢や動脈硬化が進行していると勃起に支障をきたすようになります。お酒を飲み過ぎたときも勃起しにくくなり、中折れしやすくなるので注意が必要です。

中折れしてしまうと性交が続行できず、人によっては挿入のたびに「中折れしたら」どうしようと不安になり、症状がかえって悪化する恐れがあります。また、相手によっては「自分に魅力がないってこと?」と不安にさせてしまうかもしれません。

中折れの改善方法

性交の際に緊張しすぎてしまう人は、「勃たなきゃダメだ」と自分を追い込まず、愛撫やパートナーとのコミュニケーションを積極的にとるようにするとよいでしょう。

過去のトラウマやコンプレックスがある人は心療内科で医師の診察を受けましょう。

また、中折れはED治療薬でも改善可能です。ED治療薬は血流を活発にすることで勃起を促す薬です。内科ED治療専門のクリニックで処方してもらえます。心理的、身体的な原因による中折れを高い確率で改善できます。

どうしても中折れしてしまう人は病院でED治療薬を処方してもらいましょう。