射精の悩み

早漏は女性に嫌われる?遅漏の方がアウト?

「早漏は嫌われる?」そんな不安を抱えている男性は多いのではないでしょうか?
早漏だと性交がすぐに終わってしまい、女性によっては不満を感じるかもしれません。しかし「嫌われたらどうしよう」とネガティブに考えすぎるとますます悪化する恐れがあるので注意が必要です。

「嫌われるかも」という不安が早漏の原因になる

早漏の主な原因は不安プレッシャーなど心理的な問題です。そのため「すぐ射精してしまって嫌われたらどうしよう」「うまくいかなかったらどうしよう」「情けないと思われたらどうしよう」という不安や緊張が早漏を引き起こす恐れがあります。

確かに、女性によっては早漏なために満足できなかったり、機嫌を悪くしてしまったりするかもしれません。しかし、挿入時間のことばかり考えているとかえって悪化する可能性があるので、気負いすぎないようにしましょう。

遅すぎるのも性交がうまくいかない要因に

遅漏は射精にかかる時間が極端に遅いことです。早漏で悩んでいる人は遅漏が羨ましいと思えるかもしれません。しかし、実は遅漏の方が深刻な問題です。

遅漏には様々なデメリットがあります。射精に時間がかかりすぎ、あまりに長時間挿入を続けているとパートナーの膣を傷つけてしまう恐れがあります。射精まで性交を続けられず、子作りにも影響を与える可能性もあるのです。女性によっては、自分に魅力がないのではないかと不安になってしまうかもしれません。

早漏治療薬や厚めのコンドームなどである程度改善できる分、早漏の方が深刻さは低いといえるでしょう。

早漏、遅漏の改善方法

早漏は治療薬で改善することができます。ED治療専門のクリニックなどで処方されるプリリジーという薬は、脳の緊張や興奮を抑えることで、射精時間を伸ばす効果があります。また、厚めのコンドーム麻酔成分入りの早漏防止スプレーも有効です。これらの商品はAmazonなどの通販サイトで購入できます。

遅漏改善に効果がある製品として、TENGAヘルスケアメンズトレーニングカップがあります。メンズトレーニングカップ刺激の違うカップが5個セットになっています。最初は強い刺激のカップを使い、徐々に刺激の弱いものに変えていきます。そうすることで、弱い刺激でも射精ができるようになるのです。

早漏も遅漏も、不安やストレス、セックスに関わるトラウマなど、精神的な要素が大きな原因となります。心当たりのある人はカウンセリングを受けてみましょう。また、性交の際は、挿入や射精にこだわらず、愛撫やパートナーとのコミュニケーションを積極的に試しましょう。緊張やプレッシャーが和らぐことで、正常な挿入、射精ができるようになることがあります。