未分類

早漏の定義、早漏とは

いつも自分が思っているよりも早くイッてしまい「俺って早漏なのかな……」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

ここでは、早漏の定義と、改善法について簡単に説明します。

早漏の定義

米国泌尿器科学会では、早漏は以下のように定義されています。

  1. 射精がいつも膣内挿入前または挿入1分以内に起きる。
  2. 内挿入に関し射精を遅らせることが全くあるいは殆どできない。
  3. 性交が苦痛、悩み、フラストレーション(欲求不満)、あるいは性交の回避といった、消極的な個人的体験・結果となる。

早漏は「早くイッてしまうこと」というよりも「射精のタイミングをコントロールできないせいで性交に悪影響がでること」といった方が正確かもしれません。

射精が早くても、パートナーが不満を感じないのなら問題ないでしょう。しかし、射精が早いせいで性交を満足にできなかったり二人の関係に悪影響が出たりするのなら改善する必要があります。

早漏は薬で治せる

早漏は厚めのコンドーム早漏改善用のTENGAセマンズ法スクイーズ法といったトレーニングが有効です。一方、早漏を改善する薬も存在します。

早漏治療薬はプリリジーという名前で製造、販売されています。この薬は、過度な緊張や興奮を抑える効果があります。

有効成分のダポキセチンには、緊張や興奮を和らげるセロトニンという物質を増やす作用があります。性交時の過度な緊張や興奮が抑えられることで、自分の意思に反した早すぎる射精を防ぐことができるのです。

臨床試験では、プリリジーを服用した患者の70%が早漏改善に成功し射精にかかる時間が平均2.5分延長しました。さらに、24週間(およそ5ヶ月半)使い続けたことで平均3.9分延びました。

プリリジーはED治療専門のクリニックで処方してもらうことができます。ただし、保険が適用されないため、費用は高額です。ユナイテッドクリニックではプリリジー60mgが3錠で13,500円(1錠4,500円)で処方されます。

個人輸入代行サイトを利用すれば2,000円~3,000円で購入できます。ただし、自己判断での使用になるうえ、個人輸入では偽造品も報告されているため、安全性は下がります。