ぼくの早漏日記

自分は早漏なのか?早漏じゃないのか?

そんな疑問を解消せずに、不安な気持ちを抱えたまま、無駄に性交を繰り返しても、なんの解決にもなりません。

それに、ストレスを感じたままでいると、早漏を皮切りに、最終的には勃起不全(ED)を発症してしまう危険性もあるのです。

このサイトでは、いまいち分かりにくい「早漏の定義」「早漏と遅漏の境界線」などを詳しく説明します。また、通販で手軽に購入できる早漏の治療薬も紹介していきます。

相手が満足できれば早漏では無問題

すぐに射精をしてしまって悩んでいる、という男性も多いことでしょう。

しかし、早漏か、早漏じゃないかというのは、究極的には時間の問題ではありません。パートナーが満足してくれるかどうかというのが、一番重要なことになります。

パートナーが満足していても、あなたが「すぐに射精してしまってつまらない」と思っているのであれば、それは深刻な悩みです。

あなた自身には早漏という意識はなくても、彼女が早漏だと感じてしまえば、満足できるセックスはできません。

早漏というのに(医学的な根拠を除いて)男女間の絶対的な基準はありません。性行為をする相手との相対的な評価で決まることになります。

早漏時間・早漏の定義

どれだけ射精までの時間を延ばすことができれば良いのかというのは相手次第ということになるのです。

パートナーが「5分くらい挿入してくれればそれで満足」と思ってくれていれば、5分間持つだけの持続力があれば十分です。3分でも満足できるのであれば、3分で射精をしてしまっても早漏とはなりません。

30分持っても彼女がもっとして欲しいと感じているのであれば、彼女からすれば早漏ということになってしまいます。結局は絶対的な時間ではなく彼女の満足度が重要となってきます。

もちろん、彼女を満足させるためには、最低限の挿入時間が必要になります。あまりに早すぎては不満を感じさせてしまうことも。ただ、「何分以上持たせよう」といったことを考えない方が、早漏は改善しやすくなります。

早漏の治し方・治療薬

「イきそうでもイかないように我慢しよう」と下手に意識をし過ぎると、それが余計にプレッシャーとなってしまいます。

プレッシャーを感じるあまり、逆に射精が早くなってしまうことも。射精までの時間ではなく彼女を満足させることを第一に考えてみましょう。

通販で手に入る早漏治療薬

早漏治療の方法として服薬治療が一般的です。スーパーPフォースタダポックスなどの医薬品を利用する方法もあります。

スーパーPフォースやタダポックスなど、医薬品による服薬治療は非常に簡単です。一度試してみる価値はあります。

悩み過ぎてなかなか改善する兆しが無い場合は、こういった医薬品に頼ってみるのも良いかもしれません。

ネットの通販サイトで、早漏の治療薬が買えるのはご存じでしょうか?スーパーPフォースやタダポックスは、通販で買うことができます。

通販なら家族や同居人などにバレる心配もありません。商品を郵便局で受け取る方法もあります。

当サイトでは安心して購入できる通販サイトも紹介します。